検索

COVID-19 重症化の前兆となる13症状

最終更新: 7月16日

2020.5.3 ヒポクラ × マイナビ編集部

COVID-19は、軽症患者の容体が急変し、重症化する例が報告されています。症状悪化から数時間で死亡することもあるといいます。厚生労働省が、重症化の前兆となる緊急性の高い13症状のリストを公表しています。


緊急性の高い症状

表情・外見

  • 顔色が明らかに悪い

  • 唇が紫色になっている

  • いつもと違う。様子がおかしい

息苦しさなど

  • 息が荒くなった(呼吸数が多くなった)

  • 急に息苦しくなった

  • 生活をしていて少し動くと息苦しい

  • 胸の痛みがある

  • 横になれない。座らないと息ができない

  • 肩で息をしている

  • 突然(2時間以内を目安)ゼーゼーしはじめた


<意識障害等

  • ぼんやりしている(反応が弱い)

  • もうろうとしている(返事がない)

  • 脈がとぶ。脈のリズムが乱れる感じがする


詳細はこちら 
新型コロナウイルス感染症の軽症者等に係る宿泊療養・自宅療養における健康観察における留意点について