検索

日本感染症学会が症例報告を公表

最終更新: 7月16日

2020.4.30 ヒポクラ × マイナビ編集部

日本感染症学会がCOVID-19の症例報告を公表しています。


薬剤を使用した例や気を付けるべき症状、簡易キットを使用した診断例など、全国の医療機関からさまざまな報告が寄せられています。


薬剤については、ファビピラビル(商品名:アビガン)やロピナビル・リトナビル(商品名:カレトラ)、ヒドロキシクロロキン(商品名:プラケニル)、シクレソニド(商品名:オルベスコ)などの使用例の詳細を知ることができます。


また、無菌性髄膜炎を合併した例、鼻炎・副鼻腔炎を併発してPCR検査で陰性になるまでに長期間を要した例、下痢嘔吐を主訴とした例、無症状の例などが紹介され、治療や救急外来で注意すべき事柄の参考になります。


症例報告はこちら
日本感染症学会ホームページ